NEWS詳細

2016年12月23日ニュース
12月10日(土)ダンス部 with ジュニアスポーツ教育学科ダンス受講生有志「第5回ダンス発表会」を開催しました。

  • 「Honey I’m good」
    「Honey I’m good」
  • 「Starships」
    「Starships」
  • 「地に咲く一輪」
    「地に咲く一輪」
  • 「地に咲く一輪」
    「地に咲く一輪」
  • 「和」
    「和」

 12月10日(土)、本学記念講堂にて、ダンス部とジュニアスポーツ教育学科のダンス受講生有志による、「第5回ダンス発表会 Quatorze Party」を開催しました。このテーマには、「メンバー14人からの感謝を込めて、皆様に素晴らしい舞台をお見せできるよう、この発表会を創り上げていきたい。」という想いが込められています。
 ダンス部は、これまでの大会やコンテスト、各地の祭りなどで披露した作品をはじめ、様々なジャンルのダンスを踊りました。また、ジュニアスポーツ教育学科のダンスの受講生有志は、授業で創作した作品を発表しました。

 オープニングでは、「学園天国」と題する楽しく盛り上がる曲調のダンス作品を踊り、華やかに開幕しました。 高校生風の衣装を着た全員での踊りは楽しさ一杯で、観客の方から掛け声や手拍子をいただきました。
 AJDF作品「地に咲く一輪」は、時間をかけて、全員で気持ちを合わせて作品を創り上げました。「ひび割れた地面から力強く咲いている一輪の花、雨や風を避け、時には人から踏まれ・・・、それでも負けずに咲きたい。一人ひとり性格が違えば、花の種の形や色が違う。咲き方だって違う。そんな花たちは一体どのように這い上がり、成長し、そして咲いていくのだろう。届きそうで届かない壁の向こう側を超えたい。あきらめないで、咲いてみせる。」という花の気持ちを表現しました。
 4回生の4年間の集大成である「Honey I’m good」「WHAT YOU WANT」「和」という作品では、「それぞれ進む道は違うけれど、それぞれが自分の道を見つけて進んでいく。」という想いを、作品全体を通して伝えました。
また、時節柄、サンタクロースやトナカイの衣装で客席を回って踊り、観客の方々にもクリスマス気分を楽しんでいただきました。

 なお、発達教育学部ジュニアスポーツ教育学科ダンス受講生有志は、クラスで創作した、Jr.A「Rolling in the deep」、Jr.B「アフリカ」、学生が振付、指導したJr.C「Wings」、Jr.A「まだ君は知らない」、Jr.B「ショット」を踊りました。有志参加にもかかわらず、多くの学生が参加し、舞台で踊ることを満喫しました。

 フィナーレでは、全員で総踊りをし、観客の方々からたくさんの拍手を頂きました。
ご指導、ご協力を賜りました皆様方、観客の皆様にお礼を申し上げます。


↑ ページトップ