通信教育部 児童教育学科/福祉臨床学科 男女共学

みんなとがんばれる通信教育
通信教育部 児童教育学科/福祉臨床学科 男女共学
みんなとがんばれる通信教育

ひとに学び ひとに生かす 神戸親和女子大学 KOBE SHINWA WOMEN'S UNIVERSITY

ひとに学び ひとに生かす 神戸親和女子大学 KOBE SHINWA WOMEN'S UNIVERSITY

通信教育部 児童教育学科/福祉臨床学科 男女共学

みんなとがんばれる通信教育
通信教育部 児童教育学科/福祉臨床学科 男女共学 みんなとがんばれる通信教育

Q&A

入学のこと、入学後の学習のこと、教員免許状や資格のこと、実習のことなど、よくあるご質問にお答えします。

入学について

通信教育部の卒業と、通学部の卒業で、違いはありますか?

Answer

本学通信教育部も通学部と同様に文部科学省の認可を受けた正規の大学教育です。学習形態こそ異なりますが、教育水準は同等です。卒業されますと、神戸親和女子大学の学位記(学士)が授与され、4年制大学の卒業となります。また、教員免許状、保育士資格、社会福祉士国家試験受験資格も通学制大学で取得した場合と、違いはまったくありません。

入学試験はありますか?

Answer

筆記試験や面接試験はありません。出願書類一式による書類選考となります。なお、正科生保育学コース(1年次入学のみ・定員100名)、正科生初等教育学コース+特別支援学校教諭1種免許状取得課程(1年次入学のみ・4月入学のみ・定員20名)、については、出願時に小論文(本学所定用紙/本人自筆1,500字以上1,600字以内)の提出も必要です。

入学選考はどのように行われますか?

Answer

出身学校等の証明書類をもとに大学入学資格についての確認を行います。また、出願書類一式による選考を行います。入学資格については、『入学要項』の「募集について」を参照してください。
なお、出願時に必要な出身学校等の証明書類は、厳封交付のうえ6か月以内に発行されたものです。また、最終学歴・出願コース(正科生1年次入学・3年次編入学又は課程正科生)で必要な証明書類が異なります。
詳しくは、『入学要項』の「正科生1年次入学生募集について」「正科生3年次編入学生募集について」「課程正科生募集について」の「出願書類一覧」で確認してください。

高等学校を卒業していませんが入学できますか?

Answer

できません。高等学校卒業程度認定試験合格者(含む大検合格者)は入学できます。

大学卒業資格は必要なく、好きな科目だけを勉強したいのですが、できますか?

Answer

できます。大学卒業資格取得を目的とせず、希望の科目のみを履修する「科目等履修制度」があります。
ただし、科目等履修の場合も大学入学資格が必要です。

他大学に在籍しているのですが、同時に通信教育部に入学できますか?

Answer

学校教育法に定められた短期大学、大学、大学院に在籍している場合は二重学籍になりますので、正科生・課程正科生としては入学できません。卒業(修了)後に正科生(1年次入学・3年次編入学)または課程正科生として入学してください。

高等学校卒業後に専修学校専門課程に在籍しています。通信教育部に入学できますか?

Answer

できます。ただし、高等学校卒業が最終学歴の場合は、本学通信教育部へは正科生1年次入学となります。
大学又は短期大学卒業が最終学歴の場合は、正科生3年次編入学(含む課程正科生入学<日本の4年制大学卒業者に限る>)となります。

通信教育部への入学に年齢制限はありますか?

Answer

大学入学資格があれば、年齢の上限はありません。これまでの入学者では、最高齢の方は77歳で、最短の学習期間で卒業されました。
ただし、教員免許状・資格取得後の就職の際には、都道府県によっては採用試験で受験年齢の制限が設定されている場合があります。

入学後に通信教育部から通学部に移ることができますか?

Answer

本学における通信教育部から通学部に籍を異動することを「転籍」といいます。4月のみ、女子学生のみに限り、希望する通学部学科に受け入れの余裕(定員)があれば、転籍試験に合格することにより転籍が可能です。転籍試験および転籍に係る費用については、通信教育部事務室にお問い合わせください。

児童教育学科の正科生と課程正科生の違いは何ですか?

Answer

児童教育学科の正科生(1年次入学・3年次編入学)は、本学卒業により学士の学位が取得できます。また、要件(科目・単位など)を満たせば教員免許状や保育士資格を取得することができます。(※除く学校心理学・教育学コース)
課程正科生(日本の4年制大学卒業者に限る)は、所定の科目・単位を修得することにより教員免許状を取得することができます。
正科生は、卒業要件(在学年数や卒業要件単位数の充足など)を満たす必要がありますが、課程正科生は卒業要件を満たす必要がなく、教員免許状取得に必要な科目を修得後、退学手続き(自主退学)により修了することになります。
なお、正科生(教員免許状取得希望の場合)と課程正科生の入学時学費等納入金(245,000円)及び2年目以降の授業料・教育充実費(年額155,000円)は、同額です。(※スクーリング受講料、テキスト代等は履修科目により異なります。)

大学所定の「健康診断書」の提出が必要とのことですが、別の書式で提出してはいけないのでしょうか?

Answer

本学所定用紙以外での提出は認めていません。正科生・課程正科生は、本学所定の「健康診断書」に最寄りの医療機関(国・公立病院、保健所、大学病院、一般開業医等)で受診のうえ、証明を受けてください。
なお、「健康診断書」は、6ヵ月以内に受診、証明されたものが有効です。

例えば、改姓を証明する書類(戸籍抄本等)がまだ入手できていない場合でも、揃っている出願書類だけを送付すれば受付けてもらえますか?

Answer

必要な書類のすべてが揃ってから出願してください。書類が揃っていない場合は、不備となり受付けができません。

3年次編入学について

4年制大学、短期大学を卒業していますが3年次に編入できますか?

Answer

卒業された学部学科を問わず、短期大学・大学を卒業された方は3年次編入学できます。また、3年次編入学時に62単位を上限として単位認定します。(※入学許可時に限り単位認定します。入学後には単位認定しません。)
ただし、正科生保育学コース及び正科生初等教育学コース+特別支援学校教諭1種免許状取得課程は1年次入学のみです。なお、課程正科生は日本の4年制大学卒業者のみが3年次編入学できます。

専門学校を卒業しましたが3年次編入学できますか?

Answer

修業年限2年以上かつ課程の修了に必要な総授業時間数が1,700時間以上を満たす専修学校の専門課程(専門学校)を修了した方で、学校教育法第90条に規定する大学入学資格を有する方は、3年次編入学できます。また、出身校での学修時間を基に本学規定により62単位を上限として、入学許可時に単位認定します。(※入学許可時に限り単位認定します。入学後には単位認定しません。)
出願時には、「編入学資格証明書」(本学所定用紙/『2017年度 入学出願書類』綴じこみ分)及び出身高等学校の「卒業証明書」の提出が必要となります。
なお、「編入学資格証明書」は、卒業された専修学校(専門学校)に発行依頼をしてください。

本学入学前の既修得単位の認定について

4年制大学・短期大学を卒業しています。出身大学・短期大学で修得した単位については、どのくらい認定されるのでしょうか?

Answer

本学入学前の出身大学・短期大学での修得単位については、入学許可時に限り、次のとおり認定します。なお、複数の大学・短期大学を卒業(単位修得)されていても単位認定の対象となるのはいずれか1校のみとなります。

1年次入学生の場合 本学1年次入学以前に、大学又は短期大学において修得した単位(科目等履修生として修得した単位を含む)は、出身大学・短期大学発行の「卒業証明書」「学業成績証明書」に基づいて30単位を上限に本学共通教育科目群の単位として、入学許可時に限り一括認定します。なお、科目対応での認定は行いません。
3年次編入学生の場合 出身大学・短期大学発行の「卒業証明書」「学業成績証明書」に基づいて、本学の各科目群で62単位(共通教育科目群28単位・専門教育科目群34単位)を上限として、入学許可時に限り一括認定します。
出身大学発行の「学力に関する証明書」「卒業証明書・社会福祉士指定科目履修証明書」に基づいて科目対応で単位認定することもありますが、この場合でも認定単位数の上限は62単位となります。
専修学校専門課程修了者は、出身専修学校発行の「編入学資格証明書」に記載されている出身校での学修時間を基に本学規定により、本学の各科目群で62単位(共通教育科目群28単位・専門教育科目群34単位)を上限として、入学許可時に限り一括認定します。
なお、専修学校専門課程修了と大学(又は短期大学)を卒業されていても、単位認定の対象となるのはいずれか1校のみとなります。
<参考>
専修学校専門課程修了者の本学3年次編入学時の認定単位数の平均は、50単位前後です。
(※出身校での学修時間により異なります。)

入学後に出身大学・短期大学等の単位を認定してもらえますか?

Answer

入学後には認定できません。入学許可時に限り、単位認定します。

卒業大学・短期大学は、教育系でも福祉系でもありませんが、単位認定はしてもらえるのでしょうか?

Answer

卒業学部・学科に関係なく、入学許可時に限り単位認定します。

短期大学を卒業してから、4年制大学に3年次編入学して卒業しました。大学・短期大学の両方を卒業している場合の単位認定はどうなりますか?

Answer

最終学歴とされるどちらか一方の大学又は短期大学についてのみを対象に、本学の各科目群で62単位(共通教育科目群28単位・専門教育科目群34単位)を上限として、入学許可時に限り一括認定します。
大学・短期大学卒業後に専修学校専門課程を修了された場合も、同様となります。

大学・短期大学卒業後に科目等履修生として修得した単位があります。単位認定してもらえますか?

Answer

本学で単位認定はできません。大学・短期大学を卒業された場合は、最終学歴とされる出身大学・短期大学についてのみを対象に、62単位(共通教育科目群28単位・専門教育科目群34単位)を上限として、入学許可時に限り一括認定します。

出身大学で中学校・高等学校教員免許状を取得しました。小学校教諭1種免許状を取得するために課程正科生としての入学を考えていますが、単位認定はどのようになりますか?

Answer

課程正科生は、出身大学での修得単位を本学の各科目群で62単位(共通教育科目群28単位・専門教育科目群34単位)を上限として、入学許可時に限り次のとおり単位認定します。なお、認定単位数の上限は、科目対応で認定する単位数を含めて62単位となります。

出身大学(学科)に中学校または高等学校教員免許の課程(文部科学省認定課程)がある場合 出身大学発行の「学力に関する証明書」に基づいて「教育職員免許法第66条の6に定める科目」のみを科目対応で単位認定します。
出身大学(学科)に幼稚園または小学校教員免許の課程(文部科学省認定課程)がある場合 本学入学コース・課程と同じ免許課程(文部科学省認定課程)の科目に限り、出身大学発行の「学力に関する証明書」に基づいて科目対応で単位認定します。
<参考>
「教育職員免許法第66条の6に定める科目」は、「日本国憲法」(本学科目名:日本国憲法)、「体育」(本学科目名:健康行動学)、「外国語コミュニケーション」(本学科目名:英語コミュニケーションⅠ・英語コミュニケーションⅡ)、「情報機器の操作」(本学科目名:情報基礎)です。

在学期間について

卒業に必要な在学年数は何年ですか?

Answer

1年次入学生は、4年以上在学が必要で、最長在学可能年数は10年です。3年次編入学生は、2年以上在学が必要で、最長在学可能年数は6年です。

休学はできますか?

Answer

やむをえない事由により、学習の継続が困難になった場合、手続きをとることによって1年間(4月入学生は4月1日〜翌年3月31日まで、10月入学生は10月1日〜翌年9月30日まで)休学することができます。
この場合、休学在籍料として30,000円(年額)が必要になります。なお、休学期間は通算4年までで、卒業に必要な在学年数には算入しません。

学習について

履修登録とは何ですか?

Answer

本学では、入学時に正科生の場合は卒業まで、課程正科生の場合は教員免許状取得要件充足までの計画として、卒業要件科目、教員免許状・資格の取得に必要な科目や自分の学びたい科目について、専用の用紙(履修登録用紙)で届け出ることにより履修登録を行います。履修登録をしていない科目は、レポートを提出することも科目修了試験を受験することもスクーリングを受講することもできません。
最短期間で卒業・免許状取得・資格取得ができるように、卒業まで、免許状・資格取得までの学習計画を立てることが重要となります。

最短学習期間で卒業したいのですが、可能でしょうか?

Answer

1年次入学生は4年間、3年次編入学生は2年間が最短学習期間となり、卒業生(正科生)のうち約6割の方が最短学習期間で卒業されています。最短学習期間で卒業するためには、入学後に卒業までの学習計画を年間、月間、週間で立て、それに従って学習を進めることが肝心です。
しかし、学生個人により事情が大きく異なるのが通信教育の特徴でもあります。入学当初から、最短学習期間での卒業をめざすのではなく、プラス1年〜2年での卒業を目標とされている方も多いようです。また、在学中に急に仕事や家庭の事情が変わり、学習期間を延ばさざるを得なくなる方もいらっしゃいます。
なお、課程正科生は、本学を卒業することはなく、教員免許状取得に必要なすべての科目を修得後、退学手続き(自主退学)により修了することになります。課程正科生も2年間が最短学習期間となります。

学習はどのように進めたらいいでしょうか?

Answer

本学通信教育部の学習形態として次の3種類があり、各科目の学習形態(テキスト履修科目、スクーリング履修科目、テキスト・スクーリング履修科目<併用科目>)を指定しています。

テキスト履修科目 テキストをもとに学習し、科目ごとに課せられたレポート(本人自筆/1課題につき2,000字程度)を作成、提出して評価・添削指導を受けます。その科目のすべての課題を提出すれば科目修了試験(記述式)を受験することができます。最終的にはレポート合格と科目修了試験合格によって単位を修得します。
スクーリング履修科目 本学が指定する日時、場所でスクーリング(面接授業)を受講し、最終日(最終時間)等に実施される試験等に合格して単位を修得します。
テキスト・スクーリング履修科目<併用科目> 「テキスト履修科目」と「スクーリング履修科目」を併用した科目です。両方の学習形態で学習し、テキスト履修分の合格とスクーリング履修分の合格により単位を修得します。

学習を進める順番や優先順位はあるのでしょうか?

Answer

科目には配当年次があり、自分の学年より上の配当年次の科目は学習することはできません。ただし、10月入学生については、入学翌年の4月に科目(除く各実習科目)の配当年次を1年ずつ繰り下げます。
配当年次以外は、学習についての順番は特にありませんが、担当教員が「(科目名)から学習することが望ましい。」と指示する場合があります。
なお、各実習(教育実習・保育実習・相談援助実習)には、それぞれに実習受講要件(修得科目・単位数)を定めており、本学での学習期間を最短(1年次入学生4年間、3年次編入学生・課程正科生2年間)にする場合は、実習実施予定前学年末までに実習受講資格を得るように学習を進める必要があります。

仕事をしながら通信教育で勉強できるのでしょうか?

Answer

本学通信教育部で学ばれている方(正科生・課程正科生・科目等履修生)のうち、約8割以上の方が仕事(含むパート・アルバイト)をしながら学習をされています。学習時間の確保やスクーリング受講のための日程調整が、課題のようです。
スクーリング履修科目は、夏期(平日)、3日間(土日祝等)、2日間(土日等)等でスクーリング開講しています。夏期スクーリングのみ、3日間(土日祝等)スクーリングのみ、2日間(土日等)スクーリングのみの受講では、卒業や教員免許状・資格取得に必要な科目と単位をすべて修得することはできません。
ご自身のスケジュールを調整し、スクーリングを受講する必要があります。
テキスト履修科目の学習(テキスト学習やレポート作成など)は、休日や平日夜、移動時間などを有効に利用して学習に取り組まれています。
『入学案内』に先輩方のコメントがありますので、参考にしてください。

高等学校を卒業してかなり経ちますが、大学の勉強についていけるでしょうか?

Answer

「通信教育入門」(共通教育科目群必修科目)や学習方法の説明(入学オリエンテーション)などがあります。レポートを作成していくうえで、その内容について理解できない時は、「質問票」(指定用紙あり)を利用して担当教員に質問することもできます。また、「親和 de ネット」(学生専用サイト)の電子掲示板などを利用して学生同士で情報交換も行えますので、ご安心ください。

入学時の履修登録から科目を追加したり削除したりはできますか?

Answer

進級時には、学習の進み具合により科目の追加登録を行うことができます。また、テキスト履修かスクーリング履修かを選べる科目については、条件を満たせば履修方法を変更(例:テキスト履修からスクーリング履修へ変更)することも可能です。ただし、追加登録ができない科目や条件を満たしていないために履修方法が変更できない場合があります。詳しくは、入学時履修登録の際にお知らせします。
なお、登録科目の削除も可能ですが、卒業要件や資格取得要件が充足できなくなるなど不利益が生じる恐れがありますので、極力しないようにしてください。

レポート・科目修了試験について

レポートはパソコンを使って作成するのでしょうか?

Answer

本学では、本人自筆(ペン使用)によりレポートを作成(1課題につき2,000字程度)・提出しなければなりません。パソコンで下書きを作成してから清書する方は多いようです。

科目修了試験とは何ですか?

Answer

テキスト履修科目において、当該科目のすべての課題レポートを提出後に、単位を修得するために受けなければならない試験のことです。受験希望科目のすべての課題レポートを提出することにより受験資格を得ることができます。受験資格がある科目について、科目修了試験の日程ごとの指定期間内に受験申請し、許可を受けた後に受験することになります。
レポート合格と科目修了試験合格により、その科目の単位が修得できます。なお、テキスト履修科目(除くテキスト・スクーリング履修科目)の最終評価は、科目修了試験の結果(成績)になります。
科目修了試験は記述式で、制限時間は1科目につき60分です。

科目修了試験は年何回実施されますか?

Answer

日曜日を中心に年間10〜12回実施します。会場は、三宮・大阪・岡山・広島・福岡・名古屋で実施する予定です。ただし、岡山・広島・福岡・名古屋での実施は、それぞれ年2〜3回となります。

科目修了試験は、1回で何科目まで受験できますか?

Answer

科目の単位数にかかわらず、1回(1日程)につき最高3科目まで受験できます。複数科目受験の場合は、連続して受験することになります。2科目受験の場合は2時間連続、3科目受験の場合は3時間連続での受験となります。

スクーリングについて

スクーリングとは何ですか?

Answer

履修登録した科目がスクーリング履修科目(含むテキスト・スクーリング履修科目)ならば、本学が指定した日時、場所で直接教員から授業を受ける必要があります。スクーリングでは、科目ごとに定められた授業時間すべてに出席する必要があります。遅刻・早退・欠席をすると、出席回数不足のため当該科目の成績評価の資格が無くなり、あらためて受講申請のうえ、再受講(要スクーリング受講料)が必要となります。スクーリング受講に際しては、仕事などのスケジュール調整、体調管理が重要となります。また、ご家族や職場の方々の理解や配慮も重要となります。

スクーリングは必ず受講しなければなりませんか?

Answer

正科生の場合は、本学卒業要件として、1年次入学生はスクーリング単位30単位以上、3年次編入学生は15単位以上の修得が必要になります。テキスト履修(レポート提出・合格と科目修了試験受験・合格)だけでは卒業できません。
また、科目の学習形態は、科目ごとにスクーリング履修かテキスト履修かが決まっています。履修登録した科目がスクーリング履修ならば受講が必要です。(※卒業や教員免許状・資格取得に必要な科目がスクーリング履修ならば必ず受講しなければなりません。)

スクーリングには年間何日程度受講すればよいですか?

Answer

児童教育学科、福祉臨床学科ともに、正科生1年次入学の場合は最短4年間で30単位以上、3年次編入学生の場合は最短2年間で15単位以上のスクーリング単位の修得が必要です。
本学では、2単位科目は3日間開講、1単位科目(除く一部科目)は2日間開講としていますので、平均すると1年間に最短14日程度のスクーリング受講が必要です。
ただし、児童教育学科課程正科生(下記①,②)の場合は、科目の配当年次どおりに履修した場合、最短学習期間(2年)で受講が必要なのべ日数は次のとおりです。

小学校教諭1種免許状取得コース ⇒ 2年間で21日間程度(1年目16日間程度、2年目5日間程度)
幼稚園教諭1種免許状取得コース ⇒ 2年間で26日間程度(1年目21日間程度、2年目5日間程度)

スクーリング開講日程はどのようになっていますか?

Answer

夏期(平日)、3日間(土日祝等)、2日間(土日等)スクーリングなどがありますが、2017年度(2017年4月〜2018年3月)開講日程については、受講が必要な科目の日程を確認してください。
夏期スクーリングのみ、3日間(土日祝等)スクーリングのみ、2日間(土日等)スクーリングのみの受講では、卒業、教員免許状・資格の取得はできません。
なお、本学では、3日間(9:30〜17:50)開講科目が主となります。科目によっては、2日間(1日目9:30〜16:20、2日目9:30〜15:35)開講、1日(9:30〜17:50)開講などがあります。

複数日程開講するスクーリングは、開講日程を組み合わせて受講することはできますか?

Answer

複数日程開講する科目もありますが、別開講日程分と組み合わせて受講することはできません。なお、スクーリングは、欠席・遅刻・早退すると出席回数不足のため成績評価の資格が無くなり、あらためて受講申請のうえ、再受講(要スクーリング受講料)が必要となります。

スクーリング会場はどこになりますか?

Answer

スクーリングは、本学(鈴蘭台)キャンパス又は三宮サテライトキャンパスで開講します。年度・科目によって本学(鈴蘭台)キャンパスか三宮サテライトキャンパスで開講するかが決まります。本学(鈴蘭台)キャンパス・三宮サテライトキャンパス以外では開講しません。
児童教育学科は約7割の科目が本学(鈴蘭台)キャンパスで、福祉臨床学科は三宮サテライトキャンパスで約7割の科目を開講する予定です。
2017年度開講分は、「2017年度スクーリング開講日程」で確認してください。

スクーリング受講の申し込みは、いつするのですか?

Answer

スクーリング開講日程に応じて、受講申請期間を定めています。受講希望科目の申請期間については、「親和通信」(機関誌)で確認し、指定期間内に受講申請をします。

スクーリング受講料は、いつ支払うのですか?

Answer

スクーリング受講料は、スクーリング受講申請後の納入(本学入学時登録の振替指定口座から自動振替/振替日・振替金額は事前に連絡。)となります。入学時に必要な学費等納入金には、スクーリング受講料は含まれていません。また、2年目以降の授業料・教育充実費(学年始めに納入)にも、スクーリング受講料は含まれていません。

スクーリング受講の際に、勤務先に提出する証明書などはありますか?

Answer

希望者からの所定の申込手続き(要手数料)により、勤務先に提出する「出席依頼状」を発行いたします。

スクーリング受講の際の、宿泊先は紹介していただけますか?

Answer

スクーリング期間中の宿泊先(ホテル等)については、ご自身で確保していただくことになります。本学からは、紹介窓口の案内はいたします。

スクーリングに子どもを連れて参加できますか?

Answer

本学(鈴蘭台)キャンパス、三宮サテライトキャンパスを問わず、子ども連れでのスクーリング受講は許可していません。

スクーリングを欠席するとどのようになりますか?

Answer

スクーリングは3日間または2日間の集中講義で開講しています。 通学制大学の半期分(半年)の授業を集中して開講しますので、科目ごとに定められた日数・時間のすべてに出席(欠席、遅刻、早退がなく)しなければなりません。出席回数不足の場合は成績評価の資格が無くなりあらためて受講申請のうえ、再受講(要スクーリング受講料)が必要となります。

スクーリングでは試験はありますか?

Answer

原則としてスクーリング最終日(最終時間)等に試験を行います。なお、試験方法(筆記試験・発表・課題提出など)は科目により異なります。

スクーリング受講の際、自動車で通学したいのですが…。

Answer

本学では、本学(鈴蘭台)キャンパス、三宮サテライトキャンパス、科目修了試験試験会場等を問わず、学生の車両(自動車、自動2輪車、原動機付自転車、自転車等)での通学は一切禁止しています。通学の際は、公共交通機関を利用してください。身体に障がいのある方の自動車等の利用については、事前に通信教育部事務室にご相談ください。

妊娠中のスクーリング受講はできますか?

Answer

母子の健康を最優先としますので、妊娠している方のスクーリング受講は認めておりません。

教員免許状・資格について

現在50歳ですが、入学して教員免許状や資格を取得できますか?

Answer

入学時の年齢制限はありません。教員免許状や資格取得に関しても同様です。ただし、採用試験では受験年齢の制限が設定されている場合があります。また、採用試験の受験年齢制限との兼ね合いから年齢が高くなるにしたがい実習生を受け入れる実習先(校、園、施設等)が少なくなってきており、実習先の確保が困難になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

<参考>
文部科学省ホームページ(http://www.mext.go.jp)で教員採用試験の「受験年齢制限」の情報が公開されています。

取得できる教員免許状は何ですか?

Answer

本学通信教育部が、文部科学省から課程認定を受けて取得が可能な教員免許状は、幼稚園教諭1種、小学校教諭1種、特別支援学校教諭1種です。
なお、特別支援学校教諭1種免許状の取得を希望される場合は、入学年次、入学コースや出願時期などに指定があります。<正科生初等教育学コース1年次入学+特別支援学校教諭1種免許状取得課程(4月入学のみ・定員20名)に入学>

教員免許状の1種と2種の違いについて

1種免許状は大学卒業(学士)の資格を基礎に取得でき、2種免許状は短期大学卒業(短期大学士)の資格を基礎に取得することができます。
なお、教育職員免許法には、「教育職員でその有する相当の免許状が2種免許状であるものは、相当の1種免許状の授与を受けるように努めなければならない。」と2種免許状を有する者の1種免許状の取得に係る努力義務が定められています。

特別支援学校教諭1種免許状を取得するためには、どのコースに出願すればいいのでしょうか?

Answer

「正科生初等教育学コース1年次入学+特別支援学校教諭1種免許状取得課程」に出願してください。出願時には小論文(本学所定様式)の提出も必要となります。(※募集時期・募集定員・出願条件にご注意ください。)
ただし、幼稚園、小学校、中学校、高等学校教諭のいずれかの普通免許状を取得後、幼稚園、小学校、中学校、高等学校又は特別支援学校において3年以上在職年数がある場合は、科目等履修生として出願し指定科目・単位を修得することにより、最短1年間で特別支援学校教諭2種免許状を取得することができます。
(教育職員免許法第6条別表第7)

取得できる資格は何ですか?

Answer

児童教育学科正科生保育学コース(1年次入学のみ)で保育士資格、福祉臨床学科で社会福祉士国家試験受験資格が取得できます。また、本学を卒業する正科生については、児童教育学科、福祉臨床学科のいずれでも、指定科目を修得することにより社会福祉主事任用資格が取得できます。

入学コースで取得できる教員免許状や保育士資格に加えて教員免許状を取得したいのですが…。

Answer

1年次入学の方は、進級前に手続き(『副免履修願』の提出)が必要になります。3年次編入学の方は、出願時に『副免履修願』を提出してください。履修登録時に、資格登録料(50,000円)が別途必要となります。保育士資格は、児童教育学科正科生保育学コース入学者(1年次入学)のみが取得できる資格ですので、他コースでの取得はできません。
「正科生初等教育学コース1年次+特別支援学校教諭1種免許状取得課程」(4月入学のみ)への出願者が、選考の結果、合格(定員20名)となった場合は、副免履修により特別支援学校教諭1種免許状、幼稚園教諭1種免許状が取得できます。この場合の副免履修に必要な資格登録料は合計100,000円となります。
なお、資格登録料は、教員免許状・資格取得に必要な科目・単位を履修登録するのに必要な手続き費用となります。入学後または履修登録完了後に、教員免許状・資格取得を断念されても、返金・他の学費等への振り替えなどはできませんので、あらかじめご了承ください。

教育実習について

教育実習を行うためには、条件がありますか?

Answer

教育実習(幼稚園・小学校・特別支援学校)を実施するためには、実習実施予定の前学年末(指定最終期限有り)までに、本学が定める修得科目・単位数等の要件を充足することにより受講資格を得なければなりません。なお、実習受講資格判定を受けるためには、本学指定期限までに「実習希望届」を提出する必要があります。

教育実習の期間はどのくらいですか?

Answer

幼稚園、小学校では4週間、特別支援学校では2週間の教育実習が必要です。

実習期間を分けて実施することは可能ですか?

Answer

教育実習は、連続した期間となります。期間を分割することはできません。

教育実習校園は紹介していただけますか?

Answer

本学から実習校園の紹介は行いません。原則としてご自身の卒業・出身校園を中心に自己開拓することになります。ただし、一部地域では、大学より教育委員会へ申請し、教育委員会から実習校園が配当されます。

勤務先での教育実習は可能ですか?

Answer

勤務校園(教諭・講師・事務職員・介助員・アルバイト・ボランティア等も含まれる)における教育実習は、実習効果の観点から認めておりません。

妊娠中の教育実習は可能ですか?

Answer

母子の健康を最優先としますので、妊娠している方の教育実習の受講は認めておりません。

保育実習について

保育実習を行うためには、条件がありますか?

Answer

保育実習ⅠA・Ⅱ(保育所/3年次配当)、保育実習ⅠB(福祉施設/4年次配当)を実施するためには、それぞれの実習実施予定の前学年末(指定最終期限有り)までに、本学が定める修得科目・単位数等の要件を充足することにより受講資格を得なければなりません。なお、実習受講資格判定を受けるためには、本学指定期限までに「実習希望届」を提出する必要があります。

保育実習の期間はどのくらいですか?

Answer

保育所で合計160時間以上かつ20日間以上、福祉施設で80時間以上かつ10日間以上になります。

保育実習施設は紹介していただけますか?

Answer

原則として本学で紹介する兵庫県下(主に神戸市)の保育所と福祉施設になります。兵庫県以外での実習を希望する場合は、自己開拓することになります。

勤務先での保育実習は可能ですか?

Answer

勤務先における保育実習は、実習効果の観点から認めておりません。

妊娠中の保育実習は可能ですか?

Answer

母子の健康を最優先としますので、妊娠している方の保育実習の受講は認めておりません。

相談援助実習について

相談援助実習を行うためには、条件がありますか?

Answer

相談援助実習を実施するためには、実習実施予定の前学年末(指定最終期限有り)までに、本学が定める修得科目の要件を充足することにより受講資格を得なければなりません。なお、実習受講資格判定を受けるためには、本学指定期限までに「実習希望届」を提出する必要があります。

相談援助実習の期間はどのくらいですか?

Answer

相談援助実習は、180時間以上かつ23日間以上(実習開始から終了までは56日間以内)行うことになります。実習先は、主に特別養護老人ホームなどとなります。

実習期間を分けて実施することは可能ですか?

Answer

実習効果の観点から、まとめて実施(1施設で180時間以上かつ23日間以上。実習開始から終了までは56日間以内。)することを原則とします。
期間を分けての実習を希望する場合は、実習指導教員の指導を受けたうえで、1施設での実習時間を120時間以上かつ15日間以上20日間以内、もう1施設での実習時間を60時間以上かつ8日間以上10日間以内で行うことが必要です。なお、2回に分けて実施する場合でも、実習開始から終了までは56日間以内とします。なお、本学通信教育部からの実習受入について事前に承諾を得ている施設等での実習期間は、あらかじめ決まっており、実習生の都合で変更することはできません。

相談援助実習の免除制度はありますか?

Answer

出願時点において、国が定める指定施設で専任の職員として1年以上の相談援助業務を実務経験がある方は、本学の相談援助実習科目(「相談援助実習(実習4単位)」「相談援助実習指導Ⅰ(テキスト履修1単位)」「相談援助実習指導Ⅱ(スクーリング履修3単位)」)の3科目8単位(内、スクーリング履修3単位)の履修免除を受けることができます。ただし、『入学要項』の「(表)指定施設等における相談援助の業務の範囲」に掲載されていない場合は、本学では履修免除とはなりません。
出願時に提出される「相談援助実務経験証明書」および「相談援助実習科目履修免除申請書」により、相談援助実習免除の可否を判定します。事前のお問い合わせには、お答えできませんので、あらかじめご了承ください。詳しくは、『入学要項』の「本学入学前に相談援助業務実務経験を1年以上有する方の相談援助実習科目履修免除について」を参照してください。

「専任」とは、当該施設・機関の常勤者<専ら相談援助業務に従事している(していた)方>、又は当該施設・機関設置者と雇用関係を有し、労働時間(相談援助業務に従事)が当該施設・機関の常勤者のおおむね4分の3以上の方となります。

相談援助実習施設は紹介していただけますか?

Answer

相談援助実習は、本学通信教育部からの実習受入について事前に承諾を得ている兵庫県下の施設等での実習を原則とします。実習実施前学年の「相談援助実習ガイダンス(出席必須)」時に、実習担当教員から実習に関する説明を行います。その際に、希望する実習期間を届け出ることになります。なお、実習施設については、本学で調整のうえ、受け入れについて依頼を行い、その後本人に実習先を配当します。実習先は、自宅等から約90分以内で通える範囲で調整しています。ただし、実習先遠方等で本学が認めた場合のみ、規定に基づいた指定施設であり、かつ実習指導者の要件を満たした方を配置している施設等であれば、手続きをすることで実習を行うことを可能としています。

勤務先での相談援助実習は可能でしょうか?

Answer

勤務先または勤務先同一法人での実習については、実習効果の観点から、原則として認めていません。やむを得ない事情で勤務先または勤務先同一法人(いずれも国が定める施設で、実習指導者の要件を満たした者を配置)で実習する場合は、実習指導教員の指導を受けたうえ、勤務を離れる必要があります。(※勤務を離れていることの証明が必要。)

仕事をしながらの相談援助実習は難しいでしょうか?

Answer

実習は、受け入れ先の施設等がプログラムを設定することになります。実習生(学生)の都合や希望で実習内容や実習日程等を決めることはできません。実習実施の前年には、勤務先(職場)や家族の理解を得るなどして、実習日程を確保できるように環境を整えておく必要があります。

平日(月~金)以外の土曜、日曜、祝日中心の実習はできますか?

Answer

相談援助実習は、実習先の実習指導者の指導の下で実習しなければなりません。実習指導者の勤務は、平日(月~金)となっていることがほとんどのため、実習生の都合で実習指導者の勤務体制を変えることはできません。このため、土曜、日曜、祝日中心の実習はできません。また、週に1日実習指導(帰校日指導)を受けなければならないので、週に4日~5日の実習が原則となります。

実習期間や実数日数は、希望どおりになりますか?

Answer

本学通信教育部からの実習受入について事前に承諾を得ている施設等での実習期間は、あらかじめ決まっており、実習日は実習先がその期間内で指定することになります。実習生の希望どおりにはならないものとご理解ください。

妊娠中の相談援助実習は可能ですか?

Answer

母子の健康を最優先としますので、妊娠している方の相談援助実習の受講は認めておりません。

介護等の体験について

教員免許状の取得を希望していますが、介護等の体験は必要ですか?

Answer

小学校教諭免許状を取得するためには、介護等の体験が義務付けられています。ただし、介護等の体験が免除される場合もありますので、『入学要項』を参照してください。

介護等の体験は、どこで何日間行うのですか?

Answer

介護等の体験は、在住の都道府県内または兵庫県内の社会福祉施設等および特別支援学校で行ないます。
体験の日数は7日間と定められており、社会福祉施設等で5日間、特別支援学校で2日間となり、いずれも平日(月~金)になります。

介護等の体験の社会福祉施設や特別支援学校は自分で探すのですか?

Answer

介護等の体験の手続は、希望者からの申込みを本学で取りまとめ、社会福祉施設等での体験は「都道府県社会福祉協議会」、特別支援学校での体験は「各都道府県教育委員会」に、それぞれの規定・受付期間に則して本学から申請手続きを行ないます。個人で交渉・依頼することはできません。受け入れ先や受け入れ期間は、各都道府県の社会福祉協議会や教育委員会が決定します。また、実習先へ直接、時間や日程の変更について申し出ることもできません。

卒業、教員免許状・資格取得に必要な単位数について

卒業するための条件を教えてください。

Answer

1年次入学生は4年以上在学し、所定の124単位以上(共通教育科目群32単位以上かつ専門教育科目群92単位以上。スクーリング単位30単位以上含む)を本学で修得する必要があります。3年次編入学生は2年以上在学し、所定の62単位以上(共通教育科目群4単位以上かつ専門教育科目群58単位以上。スクーリング単位15単位以上を含む)を本学で修得する必要があります。また、卒業資格試験に合格する必要があります。
なお、課程正科生は本学を卒業することはできません。

10月に入学した場合、卒業月は何月になりますか?例えば10月に3年次編入した場合、2年半後の3月に卒業できますか?

Answer

本学の学年は、次のとおりとなっています。

  • 10月入学生の学年は、10月1日に始まり、翌年9月30日に終わる。
  • 4月入学生の学年は、4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

つきましては、本学では、10月入学生の卒業は9月のみとなり、3月卒業はできません。同様に、4月入学生の卒業月は3月のみとなります。

1年次入学した場合、卒業及び教員免許状・資格取得に必要な単位数は?

Answer

本学を卒業するためには、共通教育科目群32単位以上と専門教育科目群92単位以上をそれぞれ修得したうえで、あわせて124単位以上(うちスクーリング単位30単位以上)を修得する必要があります。教員免許状・資格を取得する場合は、卒業必修科目・単位の他に、教員免許状・資格取得に必要な科目・単位を修得しなければなりません。卒業及び教員免許状・資格を取得するために必要な単位数は次表のとおりです。なお、入学時所属コースで取得できる教員免許状に加えて教員免許状を取得する場合は、卒業要件単位数を超える場合があります。

取得希望教員免許状・資格
(所属学科・コース)
副免履修で取得できる
教員免許状
卒業のみに必要な単位数 卒業及び教員免許状・資格
取得に必要な単位数
共通教育
科目群
専門教育
科目群
共通教育
科目群
専門教育
科目群
幼稚園教諭1種免許状
(幼児教育学コース)

32以上

92以上

32以上

92以上

小学校教諭1種免許状

32以上

92以上

32以上

110以上

小学校教諭1種免許状
(初等教育学コース)

32以上

92以上

32以上

92以上

幼稚園教諭1種免許状

32以上

92以上

32以上

102以上

特別支援学校教諭1種
免許状

32以上

92以上

32以上

118以上

特別支援学校教諭1種
免許状
+
幼稚園教諭1種免許状

32以上

92以上

32以上

128以上

保育士資格
(保育学コース)

32以上

92以上

32以上

92以上

幼稚園教諭1種免許状

32以上

92以上

32以上

99以上

社会福祉士国家試験受験資格
(福祉臨床学科)

32以上

92以上

32以上

92以上

3年次編入学した場合、卒業及び教員免許状・資格取得に必要な単位数は?

Answer

大学・短期大学・専門学校(大学編入学資格を有する専修学校専門課程)をすでに卒業している方は、3年次編入学が可能です。3年次編入学の場合、本学卒業に必要な単位数として、62単位を上限として編入学時に単位認定します。なお専修学校専門課程修了の方は、出身校での学修時間をもとに、本学規定により62単位を上限として入学許可時に単位認定します。(※入学許可時に限り単位認定します。入学後には単位認定しません。)2年間以上在学(除く休学期間)し、本学が定めるところの62単位以上(うちスクーリング単位15単位以上)を修得すれば卒業できます。
卒業及び教員免許状・資格を取得するために必要な単位数は次表のとおりです。入学時所属コースで取得できる教員免許状に加えて教員免許状を取得する場合は、卒業要件単位数を超えることになります。

<3年次編入学時に62単位を単位認定した場合>
取得希望教員免許状・資格
(所属学科・コース)
副免履修で取得できる
教員免許状
卒業のみに必要な単位数 卒業及び教員免許状・資格
取得に必要な単位数
共通教育
科目群
専門教育
科目群
共通教育
科目群
専門教育
科目群
幼稚園教諭1種免許状
(幼児教育学コース)

4以上

58以上

10以上

58以上

小学校教諭1種免許状

4以上

58以上

10以上

89以上

小学校教諭1種免許状
(初等教育学コース)

4以上

58以上

10以上

65以上

幼稚園教諭1種免許状

4以上

58以上

10以上

83以上

社会福祉士国家試験受験資格
(福祉臨床学科)

4以上

58以上

4以上

63以上

課程正科生として入学した場合、教員免許状取得に必要な単位数は?

Answer

すでに日本の4年制大学を卒業した方が教員免許状取得のみをめざす場合、課程正科生として入学が可能です。課程正科生として入学した場合の教員免許状取得に必要な単位数は、次表のとおりです。

取得希望教員免許状
(コース)
副免履修で取得できる
教員免許状
教員免許状取得に必要な
単位数
共通教育
科目群
専門教育
科目群
幼稚園教諭1種免許状
(幼稚園教諭1種免許状取得コース)

8※1

53

小学校教諭1種免許状

8※1

85

小学校教諭1種免許状
(小学校教諭1種免許状取得コース)

8※1

61

幼稚園教諭1種免許状

8※1

79

※1
出身大学で教育職員免許法施行規則第66条の6に定める科目(「日本国憲法」「体育」「外国語コミュニケーション」「情報機器の操作」に該当する科目)を修得していない場合は、本学で修得しなければなりません。

学費について

入学時にはどのくらい費用が必要ですか?

Answer

入学時に、入学諸費として195,000円が必要となります。教員免許状・保育士資格・社会福祉士国家試験受験資格取得を希望する場合は、資格登録料(50,000円)が別途必要です。

入学後には、テキスト代・スクーリング受講料などが別途必要です。
資格登録料は、教員免許状・資格取得に必要な科目・単位を履修登録するのに必要となります。入学後に、教員免許状・資格取得を断念されても、返金・他の学費等への振り替えなどはできませんのであらかじめご了承ください。

入学2年目以降はどのくらい費用が必要ですか?

Answer

入学2年目以降は、授業料(140,000円)、教育充実費(15,000円)のあわせて155,000円が必要となります。コースによっては、実習委託料などが別途必要です。

テキスト代・スクーリング受講料などが別途必要です。
実習委託料(実費)は、実習先に委託料として支払います。実習開始後に途中で実習を取り止めても返金(一部返金)はできません。

学費を分割して納入することはできますか?

Answer

本学通信教育部では、学費(授業料、教育充実費)の分納制度や延納制度はなく、年額を本学指定日に一括で納入することになります。なお、スクーリング受講料については、本学入学時登録の振替指定口座からスクーリング受講ごとに口座振替による納入となります。(振替日・振替金額は事前に連絡します。)

学割・奨学金等について

学割は使えるのでしょうか?

Answer

正科生・課程正科生が科目修了試験やスクーリングに出席するために、JRの営業キロ数が片道100㎞を超えて利用する場合、JR乗車券購入に際して学割(要手続き)が利用できます。また、学生証の提示により映画館や携帯電話の支払いを大学生料金で利用できる場合があります。

通学定期は購入できますか?

Answer

正科生・課程正科生がスクーリング期間中(夏期スクーリング期間中に14日間以上受講する場合に限る)や学外実習期間中についてのみ、本学への手続きにより通学証明書を発行します。通学証明書と学生証により、電鉄等窓口で通学定期券(1ヶ月のみ)を購入できます。

奨学金制度はありますか?

Answer

正科生・課程正科生を対象として日本学生支援機構奨学金制度を利用することができます。
申込資格については、次の条件(①〜③すべてを満たすこと)となります。(※科目等履修生は対象となりません。)

特に優秀な学生で経済的理由により、夏期スクーリングを受講することが困難なために奨学金の貸与を希望する方。
夏期スクーリングを当該学年に14日間以上受講する方。
家計基準が、学生支援機構が定める条件を満たす方。

貸与(無利子又は有利子)については、年額(一括)での貸与となります。
詳しくは、入学後、『学生要覧』または『親和通信』でご確認ください。

厚生労働省の給付金の対象になりますか?その他公的な支援を受けることができますか?

Answer

給付金(教育訓練給付制度)の対象にはなりません。市区町村によっては、職業訓練制度等で公的な支援を行っている場合がありますので、お住まいの市区町村にお問い合わせください。

勤労学生に対する所得税の控除が受けられると聞いたのですが?

Answer

納税者が所得税法上の勤労学生にあてはまる場合に、所得税控除が受けられます。条件等の詳細は、居住地の税務署へお問い合わせください。

通信教育でレポートを提出する際の郵便料金について教えてほしいのですが?

Answer

レポートや「質問票」等を大学に郵送する場合は、第4種郵便物の取扱いを受けることができ、普通郵便よりは低額となります。<第4種郵便:1通100g以内15円、100g超過ごとに10円加算> (2016年10月末現在)

教員採用試験、社会福祉士国家試験について

公立小学校教員採用試験を一番早くに受験できるのは、いつになりますか?

Answer

正科生、課程正科生ともに、入学時期(4月入学・10月入学)にかかわらず、卒業予定学年(4年次)の夏(7月・8月)に教員免許状取得見込で受験することができます。

公立小学校教員採用試験の受験対策講座は実施していますか?

Answer

教職教養試験・一般教養試験の対策講座(有料・外部講師による)を開講しています。また、教員採用試験1次選考合格者を対象に、2次対策講座(無料・本学教員による)も開講しています。なお、2次対策講座では、面接対策(模擬授業・場面指導含む)、音楽実技指導等を行っています。

入学時期(4月入学・10月入学)により、社会福祉士国家試験を一番早く受験できるのは、それぞれいつになりますか?

Answer

社会福祉士国家試験は、例年1月下旬に実施されています。4月入学生は卒業予定学年(4年次)の1月に卒業見込で受験することができ、10月入学生は9月末に卒業した後の1月に受験することになります。

社会福祉士国家試験受験対策講座は実施していますか?

Answer

国家試験指定科目についての受験対策講座を開講(有料・外部講師による)しています。

CONTENTS

 

image

満60歳以上の方へ入学時学費の一部を免除します

満60歳以上の方へ、入学時学費の一部を免除します

 

image image

履修証明プログラム社会人の方などを対象に体系的に編成された学習プログラム

「履修証明プログラム」社会人の方などを対象に体系的に編成された学習プログラム

 

image

特例制度(科目等履修)
が利用できます
幼稚園教諭免許・
保育士資格

特例制度(科目等履修)が利用できます

 

image

入学要項
願書請求
資料請求は
このバナーを
クリック

入学要項願書請求

 

image

入学説明会案内詳しくは
このバナーを
クリック

入学説明会案内

 

デジタルパンフレット image image image image

 

より便利で快適な学生生活を
サポートする学生専用サイト
親和 de ネット こちらからログインしてください。

親和 de ネット

【注意】「親和deネット」は、スマホ・タブレット・携帯電話での動作保証はしておりません。

 

証明書発行 証明書発行

神戸親和女子大学
通信教育部 児童教育学科 福祉臨床学科

神戸親和女子大学 通信教育部 児童教育学科 福祉臨床学科

通信教育部TOP

Q&A

コラム「新話旧題」

入試情報

Menu

Loading